blog index

リンパの腫れ

リンパ腺は細菌と抗体が戦う戦場ともいうべき場所なのでしばしば腫れることがあります。厄介なのは、風邪のように軽いリンパの腫れと悪性リンパ腫のように重大な病気によるリンパの腫れとどう異なるのかということでしょう。ここではリンパが腫れる原因から解説して、じっくり納得いただけるように仕組みを説明します。
<< リンパマッサージ | main | リンパとは? >>

スポンサード リンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
リンパの腫れ
リンパの腫れはどうして?

リンパの腫れはだいたい風邪が原因です。ウィルス性リンパ節炎で一時的に細菌がリンパ液内に入ることで起きます。これはリンパ節で抗体が反応しているためです。この程度なら特に気にする必要もないほどの腫れでしょう。病院へ行けばこの程度のリンパの腫れには抗生物質をもらって二三日飲み続ければふつうにリンパ節の腫れは収まってきます。


リンパの腫れは一般的に体の表面に近いリンパ節が密集する耳の前後やうなじの辺り、脇の下などに起きます。これらの耳の前後や首筋、脇の下のリンパ節が腫れてきた場合は数日間時間をおいてください。風邪が治るとリンパの腫れも引いていくことが多いです。

このほかにほっておくと大変な病気になってしまうリンパの腫れもあります。注意してください。はじめは化膿性リンパ節炎によるリンパの腫れです。

これは本来順調に細菌をやっつけるはずのリンパ節内部で細菌によって化膿してしまい起こります。リンパの腫れは鶏の卵ほどの大きさになることもあり痛みも伴います。できるだけ早く病院へ行き抗生物質を投与してもらった方がいいです。これは腫れが大きい場合は切開して病巣を除去することも必要になることがあります。

一番たちが悪いリンパの腫れの原因となるものが悪性腫瘍です。これは「悪性リンパ腫」とも呼ばれますが、原因としては主に白血病などの血液のがんによってによってリンパ節が腫れます。

これはリンパが腫れても痛みを伴わないことがほとんどですので、いつの間にか体中のリンパ節のいたるところがごろごろ腫れてしまっているという状態になります。

リンパが腫れるほかに微熱、倦怠感、貧血、出血しやすいなどの症状も同時に出ますので、長期間リンパの腫れが引かず、以上のような状態が続いた場合は悪性リンパ腫を疑った方がいいでしょう。悪性リンパ腫の場合はリンパ節の腫れは治療を行なわないと消えません。ですので、腫れが持続しなければ悪性リンパ腫を疑う心配はないといえます。
| gad2ac | リンパが腫れる | 02:59 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:59 | - | - | pookmark |

bolg index このページの先頭へ